住宅ローンの審査甘いが口コミになってるって?

経営者のための住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
という訳で、申請をすれば必ず通る。
といった甘い感じではありません。
通らない方ももちろんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低ラインと言われています。
これから経営者のための住宅ローンを組む予定のある方に、是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。
しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々ありその年によって大きく変動する場合もあります。
そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
どうしても何かあった場合に備えないという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。
経営者のための住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。
マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは現金調達の事でしょう。
普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
支払期間は非常に長いので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険にも加入するように言われます。
こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残りのローンの支払義務がなくなる。
といった、家族にもメリットが高い保険です。

住宅ローン審査甘いのはどこ?【大手銀行?地銀?ネットバンク?】