iPhone6に防水機能はいらないです

iPhone6の防水についてはどうなるのかという予想がいろいろ言われていますが大方の予想としては、Appleは防水にはしないのではないかと言っている方が多いです。
防水にしようとすればできるそうですが、防水にしてしまうと熱がこもりやすくなって、iPhone自体やバッテリーへの負担が大きくなり、壊れやすくなるそうです。
そういったことからも、紡錘にしないといえるようですが、どうしてもお風呂などでiPhoneを使いたいという方は、防水ケースにいれて使うのがおすすめです。
Appleの姿勢を考えるとiPhone6も防水にはならない気がします。
Androidでは防水が必ずのようについていますが、機会が熱をもつのは確かに危険ですから、iPhone6の防水はなくてもいいかもしれませんね。
スマホも安いものではありませんから、少しでも長く大切に使いたいですよね。
iPhone6Sは防水機能搭載?使えるケース情報【防塵・かわいい】